多焦点眼内レンズ|大田区大森付近で日帰り白内障手術、眼科一般診療なら、おおや眼科クリニック

大田区大森付近の眼科|おおや眼科クリニック

WEB予約

0357530002

0357530015

診療時間9:00~12:30 / 15:00~18:30
(月曜日は午前診療は12:00まで)

休診日日曜日 / 祝日 / 水曜日午後 / 土曜日午後

WEB予約

多焦点眼内レンズ

多焦点眼内レンズとは

白内障手術では濁った水晶体の替わりに人工の水晶体を入れます。
これを「眼内レンズ」といいますが、一般的には保険適応の単焦点の眼内レンズを使用します。
「単焦点眼内レンズ」は遠くか近く(あるいは中間)のどこか一点にしか焦点が合いません。
このため遠くに焦点が合っている場合には近用の老眼鏡が必要となり、近くに焦点が合っている場合は遠方用の眼鏡が必要となります。
この欠点を補うために遠くと近くの2カ所に焦点が合う「多焦点眼内レンズ」が開発されました。当院では「多焦点眼内レンズ」での手術にも対応しております。

多焦点眼内レンズ、単焦点眼内レンズの見え方

  • 単焦点眼内レンズ

    単焦点眼内レンズ

    遠方に合わせた場合、1箇所しかピントが合わないため近距離のものはぼやけてしまいます。

  • 多焦点眼内レンズ

    多焦点眼内レンズ

    遠方と近距離など2か所にピントが合わせ見ることができます。

多焦点眼内レンズのメリット

メリット

多焦点眼内レンズのメリットとしては近くと遠くに焦点が合うので、手元もはっきり見え、手術後も老眼鏡などメガネへの依存度が減ります。
職業柄メガネが装用できない方にも良好な視力を得ることができます。

デメリット

自由診療のため高額であり、薄暗い場所では細かい文字が見えにくく感じたり(コントラスト感度の低下)、夜間ヘッドライトやネオンサインの光がまぶしく感じたり(グレア)、光の周辺に輪(ハロー)が掛かって見える場合があります。
また中間距離など見づらい距離ではメガネが必要なり、単焦点に比べると見え方が細やかではなく、慣れるのに時間が掛かることがある(数週間~数カ月程度)

多焦点眼内レンズをお勧めしたい方

以下のような方は多焦点眼内レンズに適している方です。

  • 原則的に白内障以外に目の病気のない方
  • 眼鏡から解放されたいと希望している方
  • スポーツをメガネなしで楽しみたい。
  • 料理、家事をメガネなしで行いたい。
  • 裸眼で化粧がしたい。
  • 術後の見え方にハロー、グレア現象などが生じる事や新しい見え方に適応するのに数ヶ月掛かる可能性がある事、眼鏡が全く必要でなくなる訳ではない事などの術後の見え方や医師の説明を理解頂ける方

以下のような方は多焦点眼内レンズに適していない方です。

  • タクシー運転手、トラック運転手などの夜間に車の運転を職業にしている方
  • 近見作業の多い方
  • デザイナー、写真家などの細かい作業をされる方。
  • 非常に細かい文字や図表を見た時は色が薄く見えてくっきりしないと感じる可能性が あります(コントラスト感度の低下)
  • 白内障以外の眼疾患がある方
  • 糖尿病網膜症、加齢黄斑変性症、緑内障など網膜や視神経が弱っている方
  • 乱視が強い方
  • すでに片眼に単焦点レンズが挿入されている方
  • 神経質な方

絶対にメガネを掛けたくないという方は、多焦点眼内レンズの見え方には満足できないケースが多くお勧め出来ません。

当院で使用する多焦点眼内レンズ

NEWTECNIS SYMPHONY OPTIBLUE(AMO社)

従来の多焦点眼内レンズの弱点である「コントラストの低下」や「ハロー・グレアー現象」を抑制し、焦点深度を拡張することにより、遠方から近方まで「中間距離視力の落ち込み」を解消した新しい眼内レンズ「テクニスシンフォニーオプティブルー」が発売されました。

TECNIS MULTIFOCAL IOL

テクニス マルチフォーカルは後面が回折機構、前面が非球面のワンピースタイプ・アクリルレンズです。
回折型の眼内レンズは同心円状に階段状の段差を持つ構造で、目の中に入る光の回折現象を利用して、光を遠用と近用の二つに分けます。
患者さま一人ひとりのライフスタイルに合わせた下記3種類のレンズから選択可能です。
どの距離に焦点を合わせるかを医師と相談して下さい。

  • 遠方と中距離に焦点 
    近方焦点距離 50cm(加入度数+2.75) 
    スポーツや買い物など中距離を重視するライフスタイルの方向け
  • 遠方と近中距離に焦点 
    近方焦点距離 42cm(加入度数+3.25) 
    PC作業や料理など近中距離を重視するライフスタイルの方向け
  • 遠方と近距離に焦点 
    近方焦点距離 33cm(加入度数+4.0) 
    読書や編み物など近距離を重視するライフスタイルの方向け

多焦点眼内レンズの手術費用

このように多焦点眼内レンズはすべての方に適した眼内レンズではなく、また新しい治療方法であるため現時点では健康保険が適用されずレンズ代は自己負担となります。
費用につきましては担当医師へお尋ねください。

多焦点眼内レンズを使用した手術にあたって

「多焦点眼内レンズ」はひとつのレンズで遠くと近くの2カ所にピントを合わせることができます。
近用度数もスポーツや買い物の距離、パソコン画面の距離、読書距離の3種類から選ぶことができ、患者さんのライフスタイルに合わせることが可能です。
距離によっては眼鏡が必要となりますが、「単焦点眼内レンズ」に比べると必要となる眼鏡の度数や数を減らすことができます。
手術法自体も従来の白内障手術と全く変わることなく、安全性にも差がありません。

夜間に車のライトや街灯がにじんで見えたり、薄暗い場所では細かい文字が見えにくかったりするデメリットも想定され、新しい治療方法であるため現時点では健康保険が適用されずレンズ代は自己負担となります。

優位性や注意点をご理解いただきました上、視力の状況、患者さんのライフスタイルの場合により、おすすめさせて頂きますので、多焦点眼内レンズを使用した手術をお考えの方はまずはお気軽にご来院、ご相談ください。

ページトップへ