加齢黄斑変性について|大田区大森付近で日帰り白内障手術、眼科一般診療なら、おおや眼科クリニック

大田区大森付近の眼科|おおや眼科クリニック

0357530002

0357530015

診療時間9:00~12:30 / 15:00~18:30
(月曜日は午前診療は12:00まで)

休診日日曜日 / 祝日 / 水曜日午後 / 土曜日午後

WEB予約

加齢黄斑変性について

加齢黄斑変性について

コラム

2015.03.16

網膜の中心にある「黄斑」という部位に老化が原因となって異常をきたす疾患です。
欧米では失明原因のひとつとして以前から知られていましたが、日本でも高齢化と食生活の欧米化に伴い、患者数が増加しています。
男性に多く、紫外線、喫煙、ストレス、偏った食生活などが危険因子と言われています。
初期の症状は見ようとする部分の直線がゆがむ、真ん中が暗く見えるなどです。進行すると視力が低下し、色もよくわからなくなります。
加齢黄斑変性は黄斑に溜まった老廃物などが影響して、黄斑下の脈絡膜から新生血管が生えてくる「滲出型」と網膜の細胞に老廃物が蓄積し、黄斑が序々に萎縮し機能が低下する「萎縮型」に分類されます。
治療法には脈絡膜新生血管の成長を活発化させるVEGFという物質の働きを抑える薬剤を眼内に注射する抗血管新生療法があります。
予防としては禁煙、紫外線から眼を守り、バランスの取れた食生活(緑黄色野菜や魚を積極的に摂るように)を心がけて下さい。そして早期発見のための定期検診が大切です。

ページトップへ