緑内障|大田区大森付近で日帰り白内障手術、眼科一般診療なら、おおや眼科クリニック

大田区大森付近の眼科|おおや眼科クリニック

WEB予約

0357530002

0357530015

診療時間9:00~12:30 / 15:00~18:30
(月曜日は午前診療は12:00まで)

休診日日曜日 / 祝日 / 水曜日午後 / 土曜日午後

WEB予約

目の悩み・病気一覧

緑内障

目の病気一覧

緑内障とは

視神経が障害され視野が狭くなる病気で、眼圧の上昇が原因のひとつと言われています。緑内障は我が国における失明原因に第1位を占めており、40歳以上の20人に1人の割合で緑内障に罹患していることがわかりました。

緑内障の原因

目の中には房水という液体が満たされています。眼圧は房水を作る量と房水が目の外へ出て行く量のバランスによって維持されています。このバランスがくずれて眼圧が高くなると、視神経が圧迫されて傷つき、視野が欠けてしまいます。視神経の強さは人によって異なり、眼圧が正常でも緑内障になってしまう人がいます。

緑内障の症状

視野が狭く感じたり、見えない部分に気がついたりしますが、初期にはほとんど自覚症状がないため、検診や眼科に他の病気で受診して偶然見つかったりする事がほとんどです。

緑内障のタイプ

眼圧は房水が出にくくなって目の中にたまると上がります。その原因は房水の出口である隅角の繊維柱帯という部分が目詰まりして、房水の排出が出来ずに眼圧が高くなる開放隅角緑内障というタイプ。もう1つは房水の出口である隅角が閉じているために、房水が排出されにくくなっている閉塞隅角緑内障というタイプです。
開放隅角で眼圧は正常範囲(21mmHg以下)であるにもかかわらず、視神経が障害される「正常眼圧緑内障」とよばれる緑内障が日本人に多いことが分かっています。

緑内障の治療

一度傷ついてしまった視神経は元に戻ることはありません。視神経は眼圧が高いほど傷つきやすいので、今の見え方を保つためには眼圧を下げることが重要です。眼圧を下げるには、まず点眼治療を行います。点眼治療でも眼圧が下がらない場合はレーザー治療や手術治療が必要になることがあります。

緑内障の点眼薬

緑内障の治療に用いられる点眼薬は房水の産生を抑える薬と房水の排出を促す薬があります。どのタイプの目薬を使うか、何種類使うかは患者さんの状態をみて判断します。

最後に

緑内障は一生付き合っていく病気です。毎日の点眼と定期的な受診をお忘れなく。

ページトップへ