高血圧性眼底|大田区大森付近で日帰り白内障手術、眼科一般診療なら、おおや眼科クリニック

大田区大森付近の眼科|おおや眼科クリニック

WEB予約

0357530002

0357530015

診療時間9:00~12:30 / 15:00~18:30
(月曜日は午前診療は12:00まで)

休診日日曜日 / 祝日 / 水曜日午後 / 土曜日午後

WEB予約

目の悩み・病気一覧

高血圧性眼底

目の病気一覧

高血圧性網膜症とは

高血圧に伴う血管障害により網膜に出血や浮腫がおこる状態です。

高血圧性網膜症の原因

高血圧によって網膜の毛細血管が障害を受けると、血管の壁が厚くなり、血管の内径が狭くなって網膜への血液の供給が悪くなり出血や浮腫を生じます。網膜の中心部にある黄斑で出血や浮腫が起こると視力が低下します。

高血圧性網膜症の症状

自覚的な眼の症状はほとんど現れません。急激に血圧が上がる急性高血圧症では網膜の出血や浮腫のため視力が低下することがありますが、高血圧の大部分を占める原因不明の本態性高血圧では、初期に症状が現れることは少ないようです。

高血圧性網膜症の診断

眼底検査や眼底写真を撮る検診で診断されます。眼底の異常所見としては動脈が細くなる、網膜の出血や白斑、視神経乳頭の浮腫などがあります。

高血圧性網膜症の治療

網膜動静脈閉塞症や虚血性視神経症などの視力を大きく低下させる病気の原因となるため、早期に高血圧性網膜症を発見し、運動、食事療法、降圧剤などによる血圧の降下がまず大事です。網膜の浮腫や出血が高度の場合にはレーザー光凝固による治療を行うことがあります。さらに硝子体出血や網膜剥離が起きてしまった場合には硝子体手術が必要になります。

ページトップへ