糖尿病網膜症|大田区大森付近で日帰り白内障手術、眼科一般診療なら、おおや眼科クリニック

大田区大森付近の眼科|おおや眼科クリニック

WEB予約

0357530002

0357530015

診療時間9:00~12:30 / 15:00~18:30
(月曜日は午前診療は12:00まで)

休診日日曜日 / 祝日 / 水曜日午後 / 土曜日午後

WEB予約

目の悩み・病気一覧

糖尿病網膜症

目の病気一覧

糖尿病網膜症とは

糖尿病網膜症は、糖尿病腎症・神経症とともに糖尿病の3大合併症のひとつで、わが国の失明原因の第1位となっています。血糖が高い状態が長く続くと、網膜の細い血管は少しずつ損傷を受け、血管が詰まったりします。血管が詰まると網膜の隅々まで酸素が行き渡らなくなり、網膜が酸欠状態になり、その結果として新生血管を生やして酸素不足を補おうとします。新生血管はもろいために容易に出血を起こし、出血を繰り返すことで増殖膜という膜が張って、網膜剥離を起こすことがあり、放置すると失明に至ります。

糖尿病網膜症の症状

初期にはほとんど自覚症状はなく、内科医からの眼底検査の依頼によって眼科で発見されることがほとんどです。
網膜症が進行すると眼底出血によって飛蚊症や視力低下を自覚します。

糖尿病網膜症の分類

糖尿病網膜症は進行の程度により以下の3段階に分類されます。
単純糖尿病網膜症 初期の網膜症で最初に出現する異常は細い血管の壁が盛り上がってできる毛細血管瘤、点状・斑状の出血です。蛋白質や脂肪が血管から漏れ出て網膜に硬性白斑というシミを形成することもあります。
この時期には自覚症状はほとんどありません。
前増殖糖尿病網膜症 毛細血管が広い範囲で閉塞すると、網膜が酸素不足になり、足りなくなった酸素を供給するための新生血管を作る準備を始めます。
この時期になるとかすみなどの自覚症状があることもあります。
増殖糖尿病網膜症が進行した糖尿病網膜症で、新生血管が網膜や硝子体に向かって伸びてきます。新生血管の壁が破れると、硝子体に出血することがあります。硝子体出血が起こると、視野に黒い影やゴミのような物が見える飛蚊症と呼ばれる症状を自覚します。
出血量が多いと急激な視力低下がおこります。また増殖組織といわれる線維性の膜が出現し、これが網膜を引っ張って網膜剥離がおきます。

糖尿病網膜症の治療

単純糖尿病網膜症では内科的な血糖コントロール、食事療法、運動療法などの保存的治療が中心になります。
増殖糖尿病網膜症に進行しそうなもの、進行してしまったものには網膜光凝固術が行われます。
網膜光凝固術は主に網膜の酸素不足を解消し、新生血管の発生を予防したり、すでに出現してしまった新生血管を減らしたりすることを目的として行います。
網膜光凝固術は早い時期であればかなり有効で、将来の失明予防のために大切な治療です。
網膜光凝固術で網膜症の進行を予防できなかった場合や、すでに網膜症が進行して網膜剥離や硝子体出血が起こった場合には出血や増殖物を除去する目的で硝子体手術が行われます。硝子体手術を行っても視力の回復が良くないことも多く、網膜症の治療は増殖網膜症に移行しないように定期的な診察、血糖コントロールが重要です。

ページトップへ