麦粒腫(ものもらい)|大田区大森付近で日帰り白内障手術、眼科一般診療なら、おおや眼科クリニック

大田区大森付近の眼科|おおや眼科クリニック

WEB予約

0357530002

0357530015

診療時間9:00~12:30 / 15:00~18:30
(月曜日は午前診療は12:00まで)

休診日日曜日 / 祝日 / 水曜日午後 / 土曜日午後

WEB予約

目の悩み・病気一覧

麦粒腫(ものもらい)

目の病気一覧

麦粒腫(ものもらい)とは

まぶたの一部が赤く腫れ、痛みやかゆみを伴います。
俗に「ものもらい」といわれます。まぶたに硬いしこりができる霰粒腫も、ものもらいと呼ばれることがありますが、こちらは別の病気として区別されています。
「めいぼ」「めばちこ」「めばち」「めっぱち」など地方によって呼び方が違います。

麦粒腫の原因

麦粒腫は黄色ブドウ球菌や表皮ブドウ球菌などの生活環境にある細菌に感染することで起きる急性の化膿性炎症です。まぶたの外側の汗腺や、まつげの根元に感染したものを外麦粒腫、まぶたの内側のマイボーム腺に感染したものを内麦粒腫と呼びます。

麦粒腫の症状

はじめは、まぶたの一部の赤い腫れで気づき、かゆみやまばたきすると痛い、ゴロゴロするなどの症状が出ます。次第に赤み、腫れ、痛みが強くなります。症状が進むと、腫れた所が自然に破れて膿みがでることがあります。

麦粒腫の治療

抗菌薬の点眼、内服により1週間ほどで完治します。化膿が進んだ場合には切開し、膿みを出すことが必要な場合もあります。

ページトップへ